不動産のこと


家

土地や建物といった「不動産」は、とても大きな財産です。マイホームの購入などは、おそらく、一生に一度の貴重な経験となることでしょう。
だからこそ、不動産の権利を守ることが非常に重要になります。

例えば、「売買」や「贈与」で不動産を取得したときには、法務局で帳簿の書き換えを行う必要があります。これを「登記(とうき)」と言います。
あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、「登記」をすることで、皆さまがその不動産の正式な所有者であるということが法律的にも認められ、保護を受けることができるようになります。

登記にはさまざまな種類があり、手続きも大変複雑ですが、司法書士は登記の専門家です。
皆さまの大切な権利を守るためのお手伝いをさせていただきます。

たとえば・・・

〇 住宅を新築したとき
〇 土地・建物の名義を変えたいとき
〇 土地・建物を売買・贈与したとき
〇 昔の古い抵当権が残ってしまっているとき
〇 離婚により土地・建物を財産分与するとき
〇 住宅ローンを完済したとき
〇 権利証をなくしてしまったとき  など


土・日・祝日も対応いたします / 鹿沼市の司法書士・行政書士事務所

司法書士・行政書士 たかねざわ法務事務所

◇所在地:栃木県鹿沼市上殿町413-6
◇電 話:0289(74)5902
◇時 間:午前8時から午後7時まで
(※土・日・祝日もお電話でのご予約・お問い合わせを承ります。)